結婚式に誰呼ぶ?と悩んだ時。

結婚をしたときに式を挙げたいと思う夫婦は多くいます。
その際に悩むのが誰を招待するかということです。披露宴会場では収容可能人数が決まっているため、あらかじめ自分たちが誰を呼びたいかピックアップしておき、招待人数を把握してから会場を予約するのが最も理想な形となります。招待できる人数が決まったあとは実際に招待する人を決めます。通常、友人、両親、職場の同期、職場の上司などを呼ぶことがほとんどです。しかし中には職場の人は呼ばずにアットホームな感覚で式を挙げたいと希望する人たちもいます。そのような場合は両親に相談したり夫婦でよく話し合い招待客を決めることが大切です。
また友人が大勢いる場合は特に仲がいい友人を招待することが理想です。自分を結婚式に招待してくれた友人は基本的に自分の結婚式にも招待するのがマナーです。人数の関係で招待することができない友人がいた場合は二次会に招待します。そうすることで自分が呼びたいと思った人の全員を招待することが可能となります。
どのような式にしたいか、収容可能人数は何人かということを基本に誰を招待するか決める必要があります。迷った場合は式に招待する必要がある人や自分の晴れ姿を見て欲しいと思った人をピックアップすることが理想です。

LINKS

神戸で少人数の結婚式